homesolutionプリントサービスパネル加工

  

  

  

木製パネル加工


木製パネルとは、木のパネルに写真を貼り込む展示加工です。
プリントに水分を含ませ、伸びた状態にして側面に接着テープをつけた木製パネルにある程度の張りを持たせて固定します。
プリントが乾燥すると収縮して表面にピンと張りが生まれ、良好な平面性が得られます。
写真がポリエステルベース(クリスタルプリント等の超光沢プリント)であったり、インクジェット出力のように水分を与えられないものは、まずケント紙を木製パネルに水貼りしてから、両面接着シートを使用して貼り込みます。
木製の板に写真を貼り四隅を折り曲げて紙テープでフチを加工します。
全面が写真となりますが仕上がりは写真サイズより約2~3cmほど小さくなります。
プリントとご一緒にご注文頂けるとなるべくカットされない様にプリントを調整いたします。

マットパネル加工


マットパネルとは、木製パネルにオーバーマットをドッキングさせる展示加工です。
木製の板に写真を貼り、前面に窓を開けた厚紙・マットを貼り付けます。
全体の仕上がりはマット分、サイズが大きくなります。約2~3cmほどのマットのフチがつきます。
写真に合わせてマットの色を4色から選ぶことが出来ます。(白・黒・グレー・クリーム)
木製パネル加工と違い、プリントしたペーパーサイズよりも、1ランク以上大きい木製パネル使用し、側面ではなく表面にプリントを固定します。

アルミフレーム加工


アルミフレーム加工とは、一般的なコの字型アルミフレーム展示加工です。
写真を5mm程の厚みの発砲スチロール板に貼り、四辺にアルミ製枠を付けます。
枠のため5mm程度写真が隠れますが、落下などの際の変型に強くなります。
枠には釣り下げ用の金具がつきます。縦横が判らない画像の場合は向きをご指定下さい。
アルミの色はシルバーです。

ドライマウント加工


ドライマウント加工とは、熱によって溶ける接着剤のシートを介して写真・印刷物・作品などを貼る方法です。
接着できる材料で有れば何でも構いません。但し、熱に弱い材料は使用できません。
写真を5mm程の厚みの発砲スチロール板に貼り、数mmほど裁ち落とす他は四辺は加工しません。
角をぶつけたりすると簡単に変型する恐れがありますので、長期展示・展示換えはお勧めできません。
ポスターなどの消耗品扱い展示に使えます。



ビニールフレーム加工


ビニールフレーム加工とは、一般に白色のプラスチックフレームで、Vカットしてパネルに取り付けます。
ビニールフレームには強度がありませんので大型パネルには適していません。

ラミネート加工

ラミネート加工とは、写真・インクジェット出力などの表面保護用としてご利用されています。